読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死刑の方法

死刑の方法

詳細は「刑罰の一覧」を参照

現在58カ国の死刑存置国で行われている、処刑方法は以下の通り。

絞首刑(日本、韓国、エジプト、イラン、ヨルダン、イラク、パキスタン、シンガポール他)

電気処刑(米国アラバマ州、サウスカロライナ州、バージニア州、フロリダ州、ただし処刑対象者が薬殺刑を選択できる。電気処刑による死刑執行は米国ネブラスカ州で最後に行われていたが、2008年2月に同州最高裁判所が憲法違反判決を出した)

ガス殺刑(米国アリゾナ州、メリーランド州、ミズーリ州、カリフォルニア州、ミシシッピー州ノースカロライナ州、コロラド州)

致死薬注射(中国、グアテマラ、タイ、米国の死刑を執行している上記以外の州)

銃殺刑(ベラルーシ、中国、北朝鮮、ソマリアウズベキスタン、ベトナム他、かつての日本[21]など軍事裁判で死刑が適用される場合あり)

斬首刑(サウジアラビア、イラク)

石打ち刑(アフガニスタン、イラン、サウジアラビア)

公開処刑はイラン、北朝鮮、サウジアラビアなどで行われる。また中国では以前は公開処刑がテレビで放送されていたほか、バスに死刑執行(薬殺刑)設備を積んだ移動死刑設備がある。

石打ち 

火刑 

ギロチン 

絞首 

銃殺 

ガス室 

電気椅子 

死刑執行人

詳細は「死刑執行人」を参照

死刑の執行、つまり人を殺すという行為を実際に行う者を死刑執行人と呼ぶ。ヨーロッパ諸国や明治時代以前の日本では、中世時代から死刑執行を業務とする死刑執行人が存在していた。アメリカや明治以降の日本などでは刑務官が行っている(なお、ヨーロッパ諸国では死刑は廃止されているため、死刑執行人も現存しない)。