読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランナバウトシリーズを分かり安く大紹介。

警告

このゲームでの車の挙動や行動は

擬似世界のものです。

現実世界でこのような行為は

大変危険ですので

絶対におやめください。

                             ランナバウト 冒頭の警告画面より

ランナバウトとは、株式会社クライマックス開発のドライブアクションゲームシリーズである。車で暴走と言えばGTAが有名であるが、本作も知る人ぞ知る良質なバカゲー・破壊ゲーである。

概要

与えられた任務を遂行するため、車(だけではないが)に乗り、その仕事を制限時間内に完遂することが、プレイヤーの目標である。それ以外は何をやっても自由である。 

このゲームの特徴として、目にうつるほぼ全てのオブジェクトが破壊可能であるということがある。それぞれに金額(被害額)が設定されているが、法外的な被害額が算出されてもプレイヤーは何らペナルティを被らない。そのため、プレイヤーはいかに街の景観を世紀末へと変貌させるかを楽しみにこのゲームをプレイする。

特定のオブジェクトを破壊したり、一定以上の被害額や被害額0を達成すると隠し要素が解禁される。タイムアタックの際は衝突がタイムロスになる場合もあればある程度の破壊が不可欠な場合もある。

ゲームクリアに拘らないのであれば車の耐久力が続く限り、プレイヤーは何をしても構わないうえ、タイムアップになっても気が済むまで街を爆走することも可能という自由度の高いゲーム性が人気を博し、コアなゲーマーの中で評価が高い作品。ゲームクリアそっちのけで破壊行動にひた走るプレイヤーを多く輩出したシリーズとも言える。ただ、ゲーム中に車を降りることは不可能。(そもそもドライバーが何処に乗っているのか分からないものもあるが...)シリーズを通して大きなハズレと言えるものが少ないのも魅力の一つ。

このゲームにハマっていて、日頃の生活においてストレスが溜まった時、平和な町並みを一台の車で阿鼻叫喚地獄へと変えることが日課になること間違いなし。

でも現実での運転中は気をつけよう。なお、製作会社の社長である内藤寛自身もついつい電話ボックスに突っ込みたくなる衝動に駆られるらしい。

町中に点在する善良な一般市民達を轢くことは出来ない(ギリギリで飛び退いてくれる。当たり判定ゼロ)が、その代わり全年齢対象のゲームとして扱われていることが多い。

スポーツカーだけでなくバスや戦車なども使用可能。

シリーズごとにネタ車が用意されており、ミニ四駆や遊園地のパンダ、モーターボート、からくり人形、豚といったもはや車とか乗り物とかそういうレベルで語れないものも存在する。

その中には「ガンヘッド」や、ルパン三世フィアット500(当然スーパーチャージャー付きで、搭載位置も全く同じ)といった著作権に真っ向からケンカを売っているものもある。

ステージが広いうえに自由度が異常なまでに高く、車種が奇想天外に富んでいる代償として、走れるステージ数が少ないことが全般的に多いのが珠に瑕。

最新作はニンテンドー3DS用『ランナバウト3Dドライブ:インポッシブル』

発売元:ロケットカンパニー 開発元:クライマックス2012年1月19日発売。

現在はちょっとプレミアが付いているレアなソフトである。

雰囲気からして洋ゲーのように見えるが、開発元のクライマックスは日本のゲーム制作会社である。街並を作るためにニューヨークやサンフランシスコへロケハンしに行ったりもしている。

シリーズ作品

ランナバウト(1997年、PS)

記念すべき第1作目。概要にも記したようにぶっ飛んだゲーム性が話題になった。グラフィックは必ずしも美麗とは言えないものの作りこみは素晴らしく、車自体の再現度もそうだが、壊れていく描写は秀逸。バイクなど本体重量の軽い乗り物で屋台など火気が満載なオブジェクトに突っ込むと打ち上げ花火のようにほとんど垂直に飛んで行くことで有名。わざと連続して飛び上がるのが楽しいが、その先に待っているのがGAME OVERであることは言うまでもない。

BGMはコナミギタドラシリーズにも曲を提供している日本のロックバンド、ザ・サーフコースターズが手掛けている。その軽快で疾走感のあるサウンドは、プレイヤーを暴力的な走りへと駆り立てること間違いなし(→安全運転妨害用BGM)。

ステージ数は3つとかなり少ない(ミッションも3つしかない)が、1つ1つのマップは広めで脇道・近道が多数隠されており、ルート探しの楽しさはシリーズ中でも随一である。また車の種類も22種と結構あり、それらを揃えるやり込み要素も加味するとボリューム的には悪くない。ふとした時に楽しむのには最適なゲームである。


ランナバウト2(1999年、PS)

前作の好評を受けて発売。販元はクライマックスだが、開発はグラフィックリサーチ。前作でやりすぎたせいか少しお馬鹿さ加減は薄れた。ストーリー性も付属されるようになり、プレイヤーは依頼主からの依頼を受けてミッションを達成していくものに変更されている。特にゲーム終盤のシリアスなストーリーや重苦しいBGMはバカゲーの路線からはやや外れており、好みが分かれる所。時間制限が厳しくなり、前作ほど好き勝手に破壊出来なくなってしまった点も同様。

一方でステージ数13、車種31種と前作から大幅に増量し、ゲーム自体のボリュームは満点。コレクション要素などプレイヤーを長く楽しませようとする工夫も見られる。それらの追加要素の代償からか、グラフィックはやや退化して雑になり気味であり、操作性にも強い癖が出るようになってしまった。

渋谷など日本の市街もステージに選ばれているので、身近な繁華街を暴走する楽しみも味わえる。なお、概要にある著作権元に喧嘩を売っている車種が登場するのも2である。

BGMは前作のザ・サーフコースターズでは無いが、ゲーム終盤以外は中々のクオリティを保っていると言えるだろう。「Blow Mind」を聴きながら夕日に染まるローマをフィアット500で走り抜ければ、気分はもうルパン三世である。(動画左)

ちなみに、クライマックスの社長である内藤寛が最初のミッションでモブキャラとして登場。「ランナバウトも発売中~!」と自声で宣伝してくれる。


スーパーランナバウト(2000年、DC)

スーパーランナバウト サンフランシスコエディション(2000年、DC) 

発売元はセガだが、開発元はクライマックス。サンフランシスコエディションは海外で発売されたバージョンアップ版を廉価版として再発売したもの。ゲーム内に再現されたサンフランシスコの街を、親子編と警察編の二つのシナリオを進めながら爆走する。リプレイ機能が搭載され、ミッション中のプレイヤーの走りをダイナミックなカメラワークで見る事が出来る。

ハードが1世代新しくなった事もあり、グラフィックは前作から大幅に強化された。BGMは再びザ・サーフコースターズになり、初代のサーフロックサウンドが戻って来た。

本作も(一応)ストーリーが存在するが、デモシーンが少々入るくらいで全体の内容もB級映画並の痛快なものでバカゲーらしいストーリーとなっている。サンフランシスコ市警察編と自動車修理工場の親子編の2つのシナリオがある。

これまでの車の耐久度を表すHPバーはなくなり、4つあるタイヤにダメージが蓄積されそれが一つでも外れるとゲームオーバーとなる。そのためバイクや戦車等、タイヤが4つ存在しない車は絶対に壊れない無敵仕様となっている。またバイクなどは破損描写も無い。実は最初は破損描写を付けていたらしいが、搭乗キャラの顔面なども凹んでしまうので諦めたとのこと。

映画「メン・イン・ブラック(Men in Black)」に登場するエージェントのスーパーカー(劇中でトンネルの天井を走行していた車)が使用できるなど相変わらず著作権ギリギリの仕様である。(車の名前は「MIB」をもじった「BIM」)

他には、シリーズ初の生き物ビークルとして「豚」が使用可能。無論、足が取れる不味いので無敵設定である。ちなみに、前者は警察編、後者は親子編で使用可能。

シリーズ初のアメリカ合衆国大統領が破壊物品扱いで登場。しかも価値0$。(詳しくは動画左)


ランナバウト3 ネオエイジ(2002年、PS2

SIMPLE2000シリーズで「爆走!マンハッタン」と言うタイトルで廉価版も発売された、ちょっと特殊な第3弾。マンハッタン島を舞台としており、ステージ数こそ前作と比べ減ったものの、カオス度はシリーズ随一。水に入るとゲームオーバーになるモーターボートや、お茶を投げつけるからくり人形が特に有名。マニアックなところでは、映画「ブルース・ブラザーズ」に登場する中古のパトカーをモチーフにしたパトカーが登場。

スーパーランナバウトで実装されたリプレイ機能も搭載しており、リプレイを保存しておくと、来訪した友達などに自分のイカレたイカシたドライブを見せることも可能。ダメージ制が従来作通りのHPバー表記に戻されたのも特徴。リアルさを意識した挙動は今作ではやや無視されており、ジャンプ出来るような台に乗って宙を舞うと搭乗者が「イヤッホォォウ!」などと叫び出し、車自体はまるで玩具のようにぐるぐる回転して吹っ飛んでいく。そんなキチガイっぷり満載なゲームなのにも関わらず限りなくアウトに近い全年齢対象作品である。

BGMは前作に引き続きザ・サーフコースターズ。Lv4のミッション「激突」では同名の映画のオマージュが組み込まれているが、疾走感のあるBGM「Come Back From The Rock」のお蔭でホラー的な雰囲気は吹き飛んでいる。


ランナバウト3Dドライブ:インポッシブル(2012年、3DS

ランナバウト3からおおよそ10年振りに発売された最新作。3に似た操作感が特徴で、まともなチュートリアルがプレイ開始直後から始まるなど、ユーザーフレンドリーなゲームになった。しかし流石に昨今の世情もあってかCEROの制限は12歳以上となっている。あるいはこれだけやっても12歳以上で済んだとも言えるか。生産数の関係か現在はプレミアが付いており入手困難だったが、2013年8月29日にダウンロード版の配信が開始された。

BGMは過去作のものの流用と、Highway Star等の有名なロック・ミュージックのアレンジが収録されている。未確認だが、ダウンロード版には大人の事情でアレンジ曲が収録されていないらしい。


関連商品